デジタルネイティブ・テクノロジー株式会社:DXの進まない介護施設のAI活用

デジタルネイティブ・テクノロジー

少子高齢化にともない、介護を必要とする高齢者の増加、介護職員の人手不足や待遇の改善、介護にかかる費用の見直し等の課題に対するソリューションが求められています。

収益性改善のためには、デジタルトランスフォーメーション(DX)による介護職員の省力化や、入居者への高いセキュリティが重要になります。

過去には、認知症患者の徘徊による列車事故(https://www.min-iren.gr.jp/?p=35622)など、多くの問題が発生しています。

介護施設においては、1by1で常時見守っていることは不可能です。その為、姿勢認識AIや動画解析AI等を活用して、廊下で躓いて転んだ方や、トイレに間に合わなった方などのアラートを出すことが可能です。また、行動予測AIによる何を欲しているかの予測も可能です。

GPSを活用した位置情報では屋内での誤差が大きいため、出来なかったことがAIカメラによって可能になります。監視社会ではなく、見守り社会のソリューションとして、これからの高齢化社会を支えるための支援ソリューションの開発を行っております。

この記事を書いた人