Workshop

WorkShopによる業務フローの詳細把握

無料コンサルティングはお気軽にお問合せください。

STEP1.現場課題の抽出
10年後には「AI」をEXCELのように誰が普通に使用する環境のため、業務フローの各々の 段階で、どれだけの人が、どれだけの時間をかけているのかを明らかにする

STEP2.解決方法の整理
各部署の業務課題において、どのようなテクノロジーを用いることで解決できそうか。 実現性やコストはどの程度なのか明確化する。

STEP3.優先順位のスコアリング化
業務フローの中で、企業の収益を最大化させるための費用対コストを明確にし、優先順 位の高いテーマから、取り組むべきシステムの開発を行います。

STEP4.Poc開発・本開発
御社の収益性向上のためのAI開発やDX導入を行います。