デジタルネイティブ・テクノロジー株式会社:役員プロフィール(八木下重義・濱田文雄・増尾明広)

デジタルネイティブ・テクノロジー株式会社(東京都中央区・代表 八木下重義)は、最先端デジタルテクノロジーを活用して、企業の収益向上や時価総額などの企業価値を最大化する集団です。

昨年は、デジタル戦略/IPOコンサルタントして、上場初値予測500円台の企業の時価総額を上げるためのデジタル戦略や、売上目標未達成のため主幹事証券降りてしまった企業の事業計画を全面的に修正し、上場を実現する等の実績を上げています。

また、スタートアップにおいては、デジタル化や資金調達からIPOまでのフルサポートを行い、既に慶応大学医学部発のベンチャーへの出資や、AI開発会社への出資等、資金調達/DX支援等を行っております。

その中核となる弊社役員プロフィールを更新いたしました。

   代表取締役 八木下重義        取締役 濱田文雄           取締役 増尾昭広

八木下重義(デジタルネイティブ・テクノロジー株式会社 代表取締役)

  • 外資系広告代理店を経て、マーケティング会社を設立し、Diners Club Premium Card新規事業の成功や、野村不動産PROUD等、大手企業の新規PJを成功に導く。
  • 東日本大震災後、総務省事務次官・国連事務総長・中小企業庁長官らと(一社)地震予兆研究センターを設立し、世界各国との共同研究を実施。
  • 世界各国の観測データを、AIを用いた解析や、Maasにおけるトラフィック解析等のAI開発に関わる。
  • 2019年株式会社STANDARD(母体:東大人工知能開発学生団体HAIT LAB) にてAI人材育成/DXに関わる
  • 2020年6月デジタルネイティブ・テクノロジー株式会社設立。

濱田文雄(デジタルネイティブ・テクノロジー株式会社 取締役会長、元警察庁警視監)

  • 東京大学法学部卒業後、キャリア採用にて警察庁配属。
  • 在職中に、内閣情報調査室次長、四国方面本部長等を務める。
  • 内閣情報調査室時代には、警察庁初のデジタル化としてNシステム開発を統括。
  • 退官後は、財団法人日本道路交通情報センター理事長を経て、デジタルネイティブ・テクノロジー株式会社取締役会長に就任。
  • 危機管理・コンプライアンスにおいても知見が高い。

増尾昭広(デジタルネイティブ・テクノロジー株式会社 取締役、元サンケイビジネスアイ執行役員)

  • 1984年産経新聞グループ日本工業新聞社入社。
  • 編集局を経て、2001年広告部長として全業種を担当。
  • 2009年産経新聞に出向。
  • 2011年に執行役員企画本部長就任、環境・建設・地方を担当。
  • 2018年IT産業振興会事務局にて、数多くのIOT関係企業を担当する。
  • 2020年デジタルネイティブ・テクノロジー株式会社取締役に就任。

この記事を書いた人

yagishita